[エゾシカ] ブログ村キーワード エゾシカ 革,エゾシカレザー,エゾシカ 皮,エゾプロダクト,SDGs,エシカル, サステナブル
fc2ブログ
 

EZOPRODUCT / エゾシカとの共生社会の為に・・・

北海道全域でエゾシカが増加している中、皮革に特化した有効利用を確立すべく活動をしてゆきます。

Category: SDGs  Tags: イノチヲツナグ  エゾシカレザー  エゾシカ皮  エゾシカ革  北海道  
Response: ------

環境とエゾシカレザー

スポンサーサイト



テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ    ジャンル : 地域情報

Category: エゾシカ  Tags: エゾシカレザー  エゾシカ  レザー  北海道  札幌  皮革  
Response: Comment 0  Trackback 0

レザータンナー

[エゾシカ] ブログ村キーワード


2011年のクリスマスは、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は先日、エゾシカレザーを根本から見直すために、また
新たな視点からエゾシカレザーを考えるためにタンナーへ
いってきました。 新しい企画として某大手レディスアパレル
への提案の打ち合わせもかねて行ってきました。

タンナーとは、皮を革(使えるような仕上げ)にしていくところで
イタリア、ノルウェー、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、中国、
日本など全世界にあります、国やメーカーによって得意な仕上げ
や技術がありますが、日本の技術は負けていないと思います。

①概観
②タイコ(一度水で戻しながら水分を与え)
③薬品などを使い毛やたんぱく質を除去します)
④何回か繰り返し、白いナチュラルが出来上がります)
一旦この状態から、機械にかけバイブレーションさせのばしながら
繊維を均一にしていきます。そして乾かし
⑤染色に入ります
⑥何度も色むらなく染色をかけ、乾かします
⑦天日にて、完全に乾かしていきます

なめしの仕方により手順が多くなったり、違う工程が加わりますが
大体このような感じです。 このあとに二次加工(フィニッシュ)で
色の感じや仕上げの感じ(アンティーク加工、エナメル、型押し)
を施し、厚さ等を調整しレザーが出来上がってきます。

このような大変な作業からレザーは全世界で作られています。

エゾシカレザーは唯一、自然種(ワイルド)のレザーです。
牛や豚、羊などと違い畜産からのレザーではありません...

そのため...天然の傷などもあります。

でも、こうしてレザーになり製品としてプロダクトされたくさんの方々に
使っていただくことで、尊い命がまた息吹を取り戻します。

環境を考え野生動物との共生社会から生まれたエゾシカレザー

北海道唯一の素材なりま。一度手にとってみてください
きっと 優しさと愛情が感じられると思います。

20111222131516.jpg
20111222131640.jpg
20111222131836.jpg
20111222131608.jpg
20111222132846.jpg
20111222132920.jpg
20111222134329.jpg


検索(エゾシカ レザー 北海道 札幌 皮革 )

Category: エゾシカ  Tags: エゾシカ  北海道  札幌  エゾシカレザー  エゾシカ皮革  
Response: Comment 0  Trackback 0

人と野生動物

[エゾシカ] ブログ村キーワード

386468_10150515530541397_67403911396_11072322_1164911591_n.jpg

若干の大袈裟な話は信じるのが少し難しい、しかし、この人は話を証明するために写真を持っています ... 4匹の幼いオグロジカが彼のボートの方へ直接泳いできました、彼が62フィートの漁船でグループとともに航海していたときだと、彼は言います。「一旦鹿がボートに達し4匹はボートの周りを回り始めました。そして、直接我々を見あげました。我々は、若い雄鹿が苦しんでいるというのがわかりました。 私は船の後ろのを開けました、そして、我々はボートの上へ野生の動物を助けました。 私のすべての釣りの生活において、初めてのことでした。 港に着くと『ありがとう』と言っているかのように何度もこちらをふりかえっていました。 彼はそう言うとこの経験は決して忘る事がない出来事と私に話しました、私はその4匹の鹿も同じように感じたと思います!と彼に伝えました。


※ これは、外国の方が全世界にむけアップしたニュースです。

野生動物とのかかわり方…そして共生社会という本当の意味…

考えさせられました。 

どう命の尊さに向きあうか 

形はちがえど、この気持ちに国境は関係ないのだと
本当に思えた写真でした。


素敵な話です!






以下↓英字本文
Some fishing stories are a little hard to believe, But this guy has pictures to prove his story... Tom Satre told the Sitka Gazette that he was out with a charter group on his 62-foot fishing vessel when four juvenile black-tailed deer swam directly toward his boat. "Once the deer reached the boat, the four began to circle the boat, looking directly at us. We could tell right away that the young bucks were distressed. I opened up my back gate and we helped the typically skittish and absolutely wild animals onto the boat. In all my years fishing, I've never seen anything quite like it! “Once on-board, they collapsed with exhaustion, shivering. We headed for Taku Harbour. Once we reached the dock, the first buck that we had been pulled from the water hopped onto the dock, looked back as if to say 'thank you' and disappeared into the forest.” After a bit of prodding and assistance, two more followed, but the smallest deer needed a little more help (that’s him in the wheelbarrow). My daughter, Anna, and son, Tim, helped the last buck to its feet. We didn't know how long they had been in the icy waters or if there had been others who did not survive. My daughter later told me that the experience was something that she would never forget, and I suspect the deer felt the same way as well!"
From: Second Chance Ranch (Elma, WA)
検索(エゾシカ 北海道 エゾシカレザー 札幌 エゾシカ皮革

Category: 未分類  Tags: 北海道  
Response: Comment 0  Trackback 0

札幌!秋のイベント!

[エゾシカ] ブログ村キーワード

札幌も秋のたたずみになってきました。

札幌では秋のイベント “さっぽろオータムフェスト2011”
が開催されています。 いつもお世話になっている社長様
も5丁目会場にて21日~26日に出店されています。

是非、お近くにおよりの際はよってみてくださいませ。


秋の北海道 ご当地グルメをご堪能ください。

5丁目会場 豊富町ホッキチャウダー

Category: エゾシカ  Tags: エゾシカ  北海道  レザー  皮革  
Response: Comment 0  Trackback 0

エゾシカ について

[エゾシカ] ブログ村キーワード


北海道も秋の装いと匂いを感じる季節になってきました。

それと同時に エゾシカ の時期にもなってきました。


弊事業は約2年前・・・


エゾシカ食肉事業をされている社長様とお話している中
エゾシカの現状を聞き、私達が出来ることは何か?
過去私の今まで従事してきたスキームと人とのご縁を
北海道エゾシカと繋げれないものか? というところ
からスタートしてきました。
その後1年かけ道内をまわり、現状の把握をしながら
色々な方々とお会いさせていただきました。


ひとつわかったこと・・・


エゾシカ達は 悪くない。  



彼らも動物であり、お腹もへります、子供も産みます、
運動もします、何の為か彼らは理解していないと思い
ますが、勝手に角が落ちます。


でもそのことで、色々な問題が生じています。


その解決の一つが個体数調整であり、狩猟・鳥獣駆除
の必要性だとおもっています。




ただ・・・エゾシカの命 もっと大切に考えてほしい。




有効利用 という言葉だけが先行している感じも受けたり
することが多い昨今・・・


もっとエゾシカとむきあってみること大切だとおもいます。





エゾシカと北海道民の共生と北海道の豊かな自然の保全
そして、生物多様性における循環型社会と感謝の気持ち。



弊事業のエゾシカレザー皮革)は そのようなエゾシカの
環境から生まれた、優しさのつまったレザーとなっています。





ひとつの失われてゆく命に新しい製品としての息吹をふきこみ
、たくさんの人に使っていただくこと・・・



それが感謝という言葉になると信じ活動してゆきます。







先日、北海道新聞野生生物基金 主催によるシンポジウム
にいってきました。 協会の井田様 弊事業製作のジャケット展示
ありがとうございました。

北海道新聞野生生物基金フォーラム2011シンポジウム 
〈エゾシカを考える〉
人間とエゾシカがいかに共生すべきかを考えます。
◇講演 「エゾシカ被害の現状と生息実態など」吉田剛司氏(酪農大准教授)
◇パネルディスカッション ▽パネリスト=近藤誠司氏(北大大学院教授)、
伊吾田宏正氏(酪農大講師)、岡本匡代氏(釧短大准教授)、
高橋裕史氏(森林総合研究所関西支所主任研究員)
▽コーディネーター=吉田剛司氏

20110904162337.jpg

06 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
ショッピングカート
 
 
事業概要
 
 
 
 
エゾシカ皮革
EZOPRODUCT inc.製レザー のご案内 →☆はこちら
 
 
美肌ぱふ レーヌヒロコット
美しく蘇る →☆はこちら
 
 
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
FC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
ご来訪者