[エゾシカ] ブログ村キーワード エゾシカ 革,エゾシカレザー,エゾシカ 皮,エゾプロダクト,SDGs,エシカル, サステナブル
fc2ブログ
 

EZOPRODUCT / エゾシカとの共生社会の為に・・・

北海道全域でエゾシカが増加している中、皮革に特化した有効利用を確立すべく活動をしてゆきます。

Category: 未分類  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

弊事業PRODUCT製品

また新たにウォレット(長財布)NEW designです。
ぞくぞくオーダーをいただいております!
本当にありがとうございます。
北海道のエゾシカ環境問題を考え、問題解決への担い手
としてEZO PRODUCT事業は毎日活動しています。
そのひとつが、エゾシカ皮革製ウォレットになります、
どんなライフスタイルにも対応できるデザインにて
製作しています。 どんなTPOにも恥じぬことのなく
エレガントのたたずまいのなかにワイルドなティストを
加え永く愛用いただけるデザインとなっております。

北海道より愛をこめて。


お問い合わせ ご注文は
011-222-6225
surr.owt@tea.ocn.ne.jp



20101125185516.jpg

20101115114813.jpg

20101125185610.jpg

EZO PRODUCT design(エゾシカレザー・牛革)
11×18.5(cm)
皮革の中に真鍮(rの文字)を埋め込み永く使って頂くことで
さらにご自分らしい味がrの文字に表れてきます。
※r ・・・再生(reproduction)や再利用(reuse)という
循環型社会における理念と命の尊さを意味しています。








スポンサーサイト



Category: 未分類  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

幣事業製品

本日、東京よりエゾシカ皮革に関心をもって
いただいている法人様との打ち合わせがあります。

先月に北海道新聞の1面記事としてエゾシカが
とりあげられました・・・現状の報告が9割を占め
対策に関しては、ほんの触れる程度しか記事として
記載はされていませんでした。

とどのつまり・・・行政としてほぼ進んでいないのが
現状です。民間のエゾシカに携わる会社にも限界が
あります、どうか行政も問題として対策を掲げているので
あれば遂行意識と協力体制の強化をしていただきたい!

と・・・


強く願います!


お話は少し変わり、幣事業も環境問題に取り組んでいらっしゃる
法人様や 今年名古屋にて行われましたCOP10に関連し、
生物多様性に注目し環境問題を企業理念とし活動されている法人様
などが、協力してくださったり、環境ビジネスとしてエゾシカ皮革
を使い製品化を検討いただいている法人様が増えてまいりました。
大変ありがたいと思っています。

幣事業では、エゾシカ皮革をマテリアル(素材)としての卸し業務
また製品化するにあたりデレクションを含め製品化PBのご提案、
幣事業ezo product design製品も販売しています。

まだまだ幣事業製品は、受注発注のオーダー物が多いのですが、
品質、デザインともにお褒め頂いております。


失われてゆく命を・・・・


あたらしい命にかえ・・・


人に使っていただく・・・


それが本当の意味での有効利用ではないでしょうか。

長財布(エゾシカレザー×牛レザー)EZO PRODUCT design×konishi
20101115114925.jpg

20101115115448.jpg

20101115115304.jpg


グローブ(エゾシカレザー)EZO PRODUCT×izuishi
20101021124059.jpg

20101021123755.jpg

20101021123945.jpg

※サンプルの為、着色をせず白なめし革を使用。




こんな素敵な命に変わります!
エゾシカ皮革の利用にご協力ください。


北海道より愛を込めて。











11 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
ショッピングカート
 
 
事業概要
 
 
 
 
エゾシカ皮革
EZOPRODUCT inc.製レザー のご案内 →☆はこちら
 
 
美肌ぱふ レーヌヒロコット
美しく蘇る →☆はこちら
 
 
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
FC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
ご来訪者